Global Art Awards

Tokyo International Art Fair 2015 Success - The Review

TokyoArtFair

ALMOST 6000 art lovers eager to snap up an original piece of contemporary work filed through the doors of Harajuku Quest Hall over the weekend (Friday 22nd to Saturday 23rd May 2015) as the city of Tokyo hosted the first Tokyo International Art Fair by the Global Art Agency Ltd.

The venue was packed with over 150 artists and galleries from some 30 countries around the world and the atmosphere was charged with energy as visitors took in the wide range of unique art available and took pieces they had purchased home to adorn a living or work space wall.

TokyoArtFair_GlobalArtAgency
TokyoArtFair

Great contacts were made, artworks were sold, Geisha’s served glasses of Champagne, and visitors were astoundingly admiring the live painting performance by Christine Walters who prepared herself immensely to put on an amazing show. Christine was certainly dressed to impress and gathered a large crowd around her watching the show. With much concentration Christine was splashing paint gracefully onto the canvas with movements almost synchronically to the cool tunes by DJ Guy Perryman. The result: Two vibrant and colourful paintings that she kindly donated to charity raising money for the Nepal charity ‘Save Blessing Child Home’ orphanage in Kathmandu.

ContemporaryArtofExcellenceBook

Big names attended the art fair from the management of Chanel to the President of Cadillac, from the PR ladies of Google+ to the contacts of the Japan Times, and numerous of other important VIP guests, who applauded the organisers for the high standard of quality artworks that were on show. And apart from many art sales also the CAE Art Book ‘Contemporary Art of Excellence - Investable art 2015’ another incentive of the GAA to promote the arts - completely sold out!

Organisers of the fair, Joelle Dinnage and business partner Natal Vallvé from the Global Art Agency added their appreciation to the city’s reaction to the event and the enthusiasm they found from exhibitors and visitors alike.

Joelle Dinnage art fair organiser said; “We are very proud and happy how it all went.” She continued; “To organise the very first Tokyo International Art Fair with such a buzzing concept that was greatly promoted amongst valuable contacts who visited the event and were hugely impressed. We are glad that many sales were processed and that a lot of opportunities have arisen and new exciting connections have been made, we are positive for the after-sales also, and looking forward to the second edition.” 

Satoshi Maruhashi also part of the GAA organisation added: “It was a tough road, but a very exciting happening, and the outcome has been amazing - this is only the start, we have a great future ahead in Asia.”

“Most importantly” Natal added; “The exhibitors had a successful show, selling works, making commissions and simply making connections, which is what the essence of the event is all about. We want to connect exhibitors with people who appreciate art, whether they’re expert collectors or just starting out, and we’re happy to have made very good progress this time around all the way in Asia where things are different, yet extremely interesting.”

Souren Mousavi, exhibitor at the Tokyo International Art Fair said: ”I loved Japan. I loved Tokyo and I loved the GAA Tokyo International Art Fair in Harajuku. This was my first exhibition in the Far East and Tokyo was a great choice. GAA were very professional as usual with organising and promoting the event.  So many visitors, so many buyers and so many art lovers. There was no time to rest on either day and I had loads of compliments. Moreover I sold prints and designer clothing, and have since received several enquiries about exhibiting some of my new works elsewhere in Japan. Looking forward to their next event in Amsterdam. I’ve tried the rest and they’re the best! I really thank them” 

Joanna Blair added; ”I sold 3 within the first hour of the opening night!!! Very exciting.”

And for Dawn aka ‘Sunrise Welward Art', who travelled from Okinawa to Tokyo to participate in the International Art Fair it was also a great success. She said; “It was very well organised in a great venue. Selling my paintings was a highlight for me and a real confidence boost. I've also received after-sale queries from galleries and potential clients.”

The Global Art Awards Ceremony also took place at the event announcing the best exhibitors of the art fair. The first prize went to ‘New York Art Gallery’ and their artists Shane Bowden and Mr Brainwash who stole the show with their urban artworks. The second prize went to Krystal & Glam Gallery from Japan, and the third prize went to Chi Hang Wong from Hong Kong. And the Facebook competition of best artist voted by the public was Michael Volpicelli from Oklahoma, US.

TokyoArtFair

Both Michael as well as New York Art Gallery will now be exhibiting at the upcoming Amsterdam International Art Fair at the Beurs van Berlage 28-29 August 2015 as part of winning the first prize.   

"Being an Artist and having a chance to be an exhibitor in an international exhibition is an amazing experience. The chance to interact with other artists and chat to viewers about my work, not to mention the opportunity to make connections with Art dealers, Curators and Directors of galleries is second to none. Plus you never know but there is always the possibility of a sale too." said Chi Hang Wong, third prize Best Exhibitor Award Tokyo International Art Fair 2015. 

“Watch out for the second edition” said Mr Maruhashi. “It will be even bigger and better!”

 

大盛況のうちに幕を閉じた東京インターナショナルアートフェア2015

 

およそ6,000人におよぶアート愛好家が各アーティストの作品を一目見ようと原宿クエストホールに集まったこの週末(5月22日,23日)。
グローバルアートエージェンシーが主催した東京の街で披露した第一回目の東京国際アートフェアは大盛況のうちに幕を閉じた。

会場は世界30カ国以上から150名以上のアーティスト、そしてギャラリーの作品で埋めつくされた。会場内の雰囲気は来場者がアートを買い求めるエネルギーで溢れ、自宅用に飾る絵を求める人もいれば、仕事場用にアートを求める人たちでごった返した。

数多くの方々がアートを通じて繋がり、また多くの作品が完売した。
芸者の装いが美しい彼女たちがシャンパンをサーブする中、素晴らしいライブアートを披露してくれたクリスティーヌ・ウォルター。来場者は称賛しました。
クリスティーヌのライブパフォーマンス衣装はとても印象的で、DJ ガイ・ペリマンの選曲に合わせ優雅にキャンバスを描いていました。
二つの活気あふれるカラフルな作品はネパールの孤児院にチャリティーとして寄付されました。

会場には大物著名人も多く来場、シャネルのマネージャーからキャデラックの社長、グーグルの広報担当者からジャパンタイムスまでVIPゲストがすばらし作品の観に訪れました。そして多くの作品が完売となりました。

このフェアの開催したグローバルエージェンシーのジョエルとビジネスパートナーのナタルは今回の盛況は参加してくれたアーティストと来場してくれたお客様のおかげで成功できたと感謝の意を表す。

オルガナイザーのジョエルは「今回のショーがこんなにも成功して本当に幸せだわ!」
東京での初のアートフェアだったから忙しく動き回ったし、大変な事もあったけど、沢山の繋がりのおかげでかたちにする事ができて本当に感動しています」
多くの作品が販売に繋がって今回の盛況はとても大きな一歩になったと感じています。次回の開催が楽しみです」

アジアを仕切るGAAのメンバーSatoshi Maruhashi(丸橋聡)は、今回のフェアについて、「ここまでの道のりはすごくタフだった。でもすごくエキサイティングな出来事だったし、結果は大盛況。でもこれは最初の一歩でしかなく、スタートできただけ。これからのアジアでの活動を盛り上げて行きたい」

「とても重要なこと」とナタルは付け加える。「出展する作家の皆さんが、絵を売り、繋がりを作り、シンプルにコレクションが作れてコミッションを得ることができる。アートフェアとはそこのエッセンスに過ぎない。僕たちは作家とアートが好きなお客様が繋がっていく、お客様はコレクターであっても、これからアートが好きになる人であっても、分け隔てなくハッピーにしたい。ただそれだけ。東京やアジアはヨーロッパとは、環境そして、文化も違うから、とても興味深い。今回の開催は僕にとっても本当に大きな一歩だった。

今回出展者として参加したサレン・ムサービは、「東京がすごく気に入ったわ、日本が大好きになったわ。GAA主催の今回の原宿でのフェアも大好き。アジアで初めての展示だったけど、東京を選んで本当によかった。GAAのオルガナイズはいつもプロフェッショナルにイベントを進めてくれる。たくさん来場者、バイヤー、アート愛好家の人たち。この2日間まったくと言っていいほど休む時間が無かったけど、たくさんの称賛をもらったわ。絵も洋服も売れたし、東京以外からも多くの興味をもらうことが出来て嬉しいの。GAAのつぎのアムステルダムでのフェアが楽しみ。本当、全部出し切った感じ。彼らに本当に感謝してるわ!彼らは本当にベストよ!

ジョアンナ・ブレアは、オープニングの夜、最初1時間で3つの作品が売れてしまったわ。とてもエキサイティング!!

ドーン・aka サンライズ・ウェルワード・アートは、今回のフェアのために沖縄から参加。「とても良くまとめられたフェアで、会場も素晴らしかったわ。絵が売れたことは私にとってすごく自信に繋がったわ。その後もギャラリーの方や顧客になりそうな方たちと繋がることができて本当に参加して良かったわ

グローバルアート授賞式は最高の参加アーティストを発表するイベント。
1位はニューヨーク・アート・ギャラリーから参加のミスターブレインウォッシュことアーティストのショーン・ボーデン。2位は日本からクリスタル・グラム・ギャラリー。3位は香港のチー・ハン・ウォン。そしてフェイスブックの投票最高獲得者のアーティストはアメリカ オクラホマのマイケル・ボルピセリが受賞しました。

マイケルとニューヨークギャラリーの2名は次回8月28日、29日アムステルダムで開催されるアートフェアへの参加が授与されています。

一人のアーティストとして、国際的なアートショーに参加できるという事はとても素晴らしい経験になると思います。会場では他の参加アーティストと出会い、話すことができ、来場者と自分の作品について対話することができる。当たり前のことだけど、アートに精通しているキュレーターや、ディレクター、そしてその国の画商の方々との関わりを作ることができる。云ってしまえば、自分の作品が売れる可能性があるってことさ。東京国際アートフェア最優秀出展者賞第3位のチー・ハン・ウォンより。

Asiaエリア統括の丸橋氏から。「次はもっと良く、もっと大きく開催します!! 第2回目も期待してください!!」